放課後等デイサービス

フリースペース

COCOはびきの 療育プログラム

プログラム予定表につきましては毎月10日、翌月分を通所児童に配布します

 

サッカー療育プログラム

サッカー・コミュニケーション(言語・非言語)・体力作り

 

運動感覚統合プログラム

バランス運動(マット・バランスボール)サーキット(逆立ち・・マット運動)・体力作り・卓球・なわとび・休日の野球療育

 

個別学習プログラム

学習塾講師による、個々の能力に応じたプログラムの提案と個別学習

 

コミュニケーションプログラム

ゲーム・言語遊び・絵本の読み聞かせ・おやつ作り

 

音楽リズムプログラム

歌を歌う・楽器の演奏・音楽に合わせて身体を動かす・リズムに合わせてのボディータッチ・リトミック

 

創作プログラム

壁面作り・工作・ちぎり絵・ねんど・折り紙・ぬり絵・おやつ作り

 

プレイセラピー

自由遊びを通じて、身辺自立、生活習慣の確立、集団参加の意欲を促す

 

お誕生日会

実施月のお誕生日の子どもたちのお祝いをします

 

課外養育プログラム

電車に乗り公園や動物園などに外出し、自然や動物とのふれあいから自然の美しさを体験する事で優しいこころを育みます

個人の持つ感受性を最大限に伸ばします!

 

サッカー・個別学習は週2回ですが、運動が苦手な方は毎日2つのプログラムからを選択する事が可能です

 

 

 

放課後等デイサービスとは?

放課後等デイサービスは、自閉症や発達障害などの、障がいのある(療育が必要と認められる)子どもたちの学齢期における支援の充実のため創設されました。

障がいのある子共たちに対し、放課後や長期休暇中においての療育の場(ご家族の代わりに一時的にケアを代替えすることで、日々の疲れなどをリフレッシュしてもらう家族支援サービス)の役割も担っています。

放課後等デイサービス

原則として、小学生から高校生の就学児童が対象になっており、市区町村で発行される通所受給者証が必要ですが、必ずしも障碍者手帳や療育手帳など交付を受けている必要はありません。

基本的には、お子さんの「療育が必要かどうか?」は自治体に判断されます。
手帳をお持ちでない方は【COCOはびきの】にご相談、お問い合わせください。

 

COCOはびきの特徴

サッカー療育

サッカー療育

楽しみながら身体を動かし、右手・左手・右足・左足を右脳左脳交互に使い、脳のアンバランスに対して自然に楽しく取り組める右脳左脳のアンバランス訓練。

また言葉だけでなく、手振り身振りを使った非言語のコミュニケーションの重要性、サッカーのルールを理解し、お互いの役割を理解し助け合える集団療育です。

サッカー療育 サッカー療育

個々に適した個別療育

学習塾講師をお招きし、個々の能力に応じたプログラムの提案と個別学習を実施。

サッカー療育 サッカー療育
 

発達障害に有効なサッカー療育

 

FaceBookページ

Top